☆旬の生めかぶと漉昆布★
先日、スーパーで生めかぶが1パック400円で売られていました。生めかぶは、春が旬なので、ぜひ買って調理したいのですが、少し高いなあと思っていました。ところが、別の日に、お魚屋さんを覘いてみたら、同じ量のめかぶがなんと150円に!これはお買い得♪と思い早速買ってきました。生めかぶはこんな感じです。ぴらぴらしているところが「耳」です。
e0128852_14472488.jpg

さて、これをどう調理しようか?と考え、普通ならば、お湯で茹でて刻んで...ということになるんでしょうが、私はこれをまず洗わずに耳の部分を、中心の硬い芯から切り離します。その耳を、今度は細切りにしていきます。やや太切りですが(^^;
e0128852_14503853.jpg


これを、一掴みより多目くらいにし、ラップで包んで冷凍保存してしまいます。こうしておけば、必要なときにお湯にくぐらせれば、色鮮やかな緑色になり、無駄なく美味しく使うことができます。また、長期間の保存も大丈夫そうです。1パックで大体4包み分できました♪また安売りしていないかしら~。
e0128852_1457944.jpg


そして、残った芯の部分を捨ててしまうのは勿体無いから、薄くスライスして出汁、酒、醤油でさっと煮ました。かなり海草の匂いが強くてどうかなと思ったのですが、夫が気に入ってご飯をおかわりしていました(^^;
生めかぶは季節限定みたいですし、取り扱いも楽なのでぜひお勧めします♪ただ、切る前に洗ったり茹でてしまうと、ぬるぬるが大変なことになってしまうので注意が必要です。また、最初に丸ごと茹でてから細かく刻んで冷凍するというやり方もあるようですが、横着な私は、ぬるぬると戦うのが嫌だったので、茹でずに冷凍してしまいました。

海草の話題でしたので、もう一つお料理を紹介します。
e0128852_1523455.jpg

切り昆布ではありません。こちらは漉昆布です。なじみが薄いかもしれませんが、我が家では常備している乾物の一つです。細切りの昆布が、たたみいわしのように、薄い板状になっていて、数枚1パックで売られているのですが、これが本当に便利。使い方は、キッチンバサミなどで適当に小さくしたら、水に漬けて軽く洗うか、煮物だと直接鍋に入れても大丈夫です。私は、空きビンに切った漉昆布と乾燥剤を入れて保存しているので、お味噌汁や煮物、お漬物などに手軽に使うことができます。細切りになっているので火の通りも早く、良いだしも出ます。今回は、油揚げと一緒に薄味で煮ました。つるつるとして美味しい~(*^^*)。こんな風に、お吸い物に入れてるのもお勧め。
e0128852_1516221.jpg


# by riofuku | 2008-02-08 15:19 | 乾物&海草 | Trackback | Comments(0)
☆牡蠣の時雨煮★
今年は雪が多くて冬らしいですね。といっても、私の住む地域では何センチも積もったりはしませんけど・・(^^;温かくなって、春も間近と思われましたが、まだまだ寒い冬は続きそうですね~。

今日は、そんな冬に美味しい牡蠣を使った料理の紹介です♪英語で、牡蠣は「R]のつく月以外は食べてはいけないと言われていますが、今月は2月なので大丈夫!今回は少し濃い目の味付けで、ご飯がすすむようにしました。生姜をたっぷり入れ、身体を温め、解毒効果も期待します。
e0128852_10542348.jpg

作り方は、まず牡蠣500グラムを大根おろしか塩でよく振り洗いをし、汚れを取ります。次に、熱湯でさっと茹でたら、大きめのフライパンに酒1/2カップと牡蠣、生姜50グラムの千切りを入れて煮立てたら、火を弱め、みりん大匙2、醤油大匙2を入れます。泡がブクブクと立つので、フライパンを揺すりながら煮汁を飛ばしたらそのまま冷まします。
e0128852_10544372.jpg

冷蔵庫で数日は日持ちするので、朝ごはんなどに数個食べるのに良いです(^^)
お魚料理ということで、もう一品紹介します♪
e0128852_11101545.jpg


こちらは、「干し鱈」です。ちょっと珍しい食材なのですが、お正月に帰省した際に乾物屋で買ってきたものです。この乾物屋、昆布や鰹節など普段使うものが、大袋に入って安く売られているので、帰るたびに買ってくることにしています。今回は、干し鱈というのを見つけたので、調理法も分からぬまま購入!さて、使い方を調べてみると、まずは水に浸して塩気を抜きます。
e0128852_1142599.jpg水に1時間ほど浸しています。細長いので、キッチンバサミで半分に切って漬けました。水に浸す時間はお好みですが、私は塩気が多少残っても良いかな、と思ったので1時間ほど浸水させました。水気を切ると、大分柔らかく包丁で切れるくらいになっています。次に、これを熱湯でさっと茹でてから小骨を取り除きながら、手で細かくほぐします。この作業は少し面倒~。

ここまでやったら、下準備完了♪作った料理がこちらです。
e0128852_118911.jpg


見た目は??ですが、茹でておいた里芋と金時豆と一緒にすり鉢で混ぜて、お団子にしたものです。鱈に塩気があったので、味付けはなにもせずそのまんまです。これを食べる直前に蒸しました。ところどころ緑色が見えるのは、刻んだセリを一緒に混ぜ込んであります。豆は、いつも圧力鍋で1週間に1度くらい、500グラム分を茹でてタッパーに入れて保存しています。これがあると、煮物、サラダ、汁物と色々なものに活用できて本当に便利です。余ったら冷凍もできます。初めて使用した食材の干し鱈でしたが、なかなか使い勝手もよく便利でした。またどこかで見つけたら買うことにします(*^^*)

# by riofuku | 2008-02-07 11:14 | | Trackback | Comments(2)
☆炒り大豆と打豆を活用★
もう過ぎてしまいましたが、2月3日は節分。豆まきはされましたか?
我が家は、室内で、鬼のお面をつけて豆まきをしました(*^^*)節分用に売られている炒り大豆はそのままポリポリと食べてしまいますが、大豆は和食の基礎となる万能食品ですよね。

今回は、節分にちなんで、炒り大豆を使ったお料理の紹介です。
こちらは普通の炒り大豆。といっても、市販のものではなく、乾燥大豆をフライパンで気長に炒ったもの。これを作り置きしておくだけで、色々と使い回しができます。
e0128852_1446372.jpg

この炒り大豆を茹でるとこうなります。綺麗なきつね色に仕上がります。少し固めの食感ですが、歯応えがあって美味しい♪
e0128852_14555666.jpg


e0128852_20424552.jpgパスタを茹でるときに、同じお湯で茹でてお醤油などで和風に味付けすると、和風パスタが完成します♪大根おろしや小女子を入れても美味しい。また、ご飯と一緒に炊くと大豆ご飯に!


こちらは、炒り大豆を作るときに、仕上げにごまと醤油少々を鍋肌から回し入れたものです。
e0128852_20435998.jpg


香ばしくて、おやつにポリポリと食べ出すと止まりません(*^^*)1カップ分位が作りやすいのですが、2人でポリポリしていると、いつの間にかなくなっています(笑)これは、湿気てしまいがちなので、少量を作って食べきるのが良さそうです。味付けしない炒り大豆はまとめて沢山炒ったら、密閉容器に入れて保存すると日持ちします。
そして、大豆にちなんで紹介したいのが、こちらの打豆です。
e0128852_16445880.jpg

打豆というと馴染みが薄いかもしれませんが、要は大豆を叩いたものです。大豆を洗って一晩おいたものを、木づちで叩いて潰し乾燥させたものです。大豆を潰してあるで、火の通りが早く、一晩浸水しておく手間もありません。ご飯に炊き込んで豆ご飯にしたり、煮物に使ったりと何かと便利で常備しています。
e0128852_15162953.jpg


写真では見づらいですが、身欠きにしんの煮たのが下に隠れています♪にしんは番茶で煮てから、梅干、醤油とみりんで濃い目に味付けをしてあります。身欠きにしんというと、昆布巻きが思い浮かびますが、煮物にしても美味しく、保存も利くのので重宝します。お正月の残りのにしんがあったら、こんな料理はいかがでしょうか~?

# by riofuku | 2008-02-06 15:30 | | Trackback | Comments(2)
  

地味だけど、滋味のあるご飯♪ 日々の和食と保存食作りにハマっています。2009年9月、『からだにやさしい「干す」「漬ける」だけの自家製レシピ』を出版しました♪
by riofuku
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新のコメント
お久しぶり~~! 息子君..
by alice at 09:40
おせち。美味しそうですね..
by chabomama at 18:17
わお!キャンプ!!良いな..
by ありす at 06:42
うさぎ様 お返事大..
by riofuku at 08:09
はじめまして。 図書館..
by うさぎ at 10:01
福田さん こん..
by こくぶんじはなこ at 04:59
↑↑ Thank yo..
by riofuku at 13:00
鍵コメさま 本当、..
by riofuku at 12:41
最新のトラックバック
箱根温泉動向
from 箱根温泉
《晩ご飯/ファーム野菜の..
from 「料理と趣味の部屋」
紅玉でアップルジェリー
from 食卓の風・・・
フムス(ひよこ豆のディップ)
from アメリカごはん〜田舎町でのス..
桜色の"新たまねぎ"で春..
from eaterior
ブログジャンル
料理・レシピ
子育て
画像一覧